歯痛になったときのエッセンシャルオイル

毎日のエッセンシャルオイルのニュースでライブレポート:PMS症状のエッセンシャルオイルは、かゆみや頭痛のEOと同様に重要であることがわかっていますが、エッセンシャルオイルの力を利用して歯痛のしつこさを軽減している人もいます。


あなたが歯痛に対処しているとき、あなたは 知っている それ。あなたは、歯の周りに深く染み込んだ痛みを感じ、あなたの人生で他のことに集中するのを難しくします。エッセンシャルオイルは長期的な解決策ではないため、このような症状が発生した場合は、歯科医に確認してください。ただし、一部の人々は、いくつかのタイプの歯痛に中程度の緩和を提供できると信じています。

「エッセンシャルオイルは、さまざまな口腔の懸念に対する自然で効果的な代替品であり、全体的な口腔の健康をサポートすることができます」もちろん、これらの強力な植物エキスを使用するときは注意することを忘れないでください。 「物質を局所的に、特に口の中に適用すると、常に有害反応のリスクがあります、と彼は言います。 「リスクを最小限に抑えるため、総使用量を最小限に抑えるなど、推奨されるガイドラインに従ってください(影響を受ける領域に直接2〜3滴垂らし、必要に応じて希釈する)

ただし、オイルを試してみる準備ができている場合は、歯痛の痛みのエッセンシャルオイルを探して試してみてください。

クローブ: クローブは香り高いスパイスですが、エッセンシャルオイルとして、それらの真珠のような白にいくつかの利点があります。 「クローブのエッセンシャルオイルは、さまざまな口腔衛生の問題に長い歴史があり、現代の科学研究がその理由を発見し始めたとロドリゲスは言います。 「クローブは、歯磨き粉、うがい薬、およびその他のオーラルケア製品の一般的な成分です。実験研究により、クローブの主要な化学成分であるオイゲノールには、口腔の健康に対処する能力に役立つさまざまな特性があることが示唆されているためです。これらの特性は、適切な炎症反応を促進し、鎮静することができ、口、歯茎、歯に特に有益な洗浄能力があるという事実です。歯痛に使用するために、ロドリゲスは綿玉に2〜3滴のクローブエッセンシャルオイルを追加するか、交換して患部に直接塗布することをお勧めします。

フェンネル: フェンネルは美味しくてヘルシーなサラダの材料として知っていますが、エッセンシャルオイルとしては強力なものです。香りは甘草のようなもので、消化器系の健康に最適です。しかし、プロは、歯痛に対処している場合、口腔衛生ルーチンにも組み込むことができると言います。 「フェンネルには痛みを和らげる特性があり、ペパーミントほど歯茎に強い刺激はありません」と、ボード認定のアロマセラピストであり、ニューヨーク芳香族研究協会の創設者であるエイミー・ギャルパーは言います。歯痛のためにそれを使用するには、綿棒に数滴を追加し、痛みがある場所に適用することにより、クローブと同じように使用します。




ペパーミントとユーカリのうがい薬: Galperは、エッセンシャルオイルを使用したうがい薬は歯痛に役立つ可能性があると言っています。彼女のレシピの1つは、大さじ2杯の蒸留水と、ペパーミント、ユーカリ、シナモンの葉、マジョラム、タイムのエッセンシャルオイルを1滴落とします。 「ペパーミント、ユーカリ、およびマジョラムは抗炎症剤です、とギャルパーは言います。それらはすべて抗菌性および抗菌性であり、感染に適していると彼女は指摘し、ペパーミントは麻痺および冷却効果に優れていると付け加えた。通常のうがい薬の場合と同じように、口の周りを軽く振ります。

フェンネルとシナモンのうがい薬: DIYの洗口液でフェンネルとクローブの抗炎症、抗菌、抗菌力を利用して、歯痛を緩和することもできます。 Galperの他のマウスウォッシュレシピには、大さじ2杯の蒸留水(1オンスの蒸留水に相当)と、次の必須成分がそれぞれ1滴含まれています:フェンネル、クローブ、ペパーミント、シナモンリーフ。 「フェンネルは循環、クレンジング、痛みの緩和に適しています」と彼女は言います。 「そしてクローブは麻痺することがあります。口の周りのうがい薬を振り回し、歯痛の領域に長時間保持し、吐き出します。


より多くのEOインスポのために、これらは*誰でも*所有しなければならない10のエッセンシャルオイルです。エッセンシャルオイルを使用して焦点を合わせる方法は次のとおりです。